カタログスタンドの恐るべき費用対効果|驚愕の宣伝術

消費者の需要を掘り起こす

広告

調査のアウトソーシング

企業や店にとって最も怖いのは、売り出した商品の見込み違いから返品の山や大量在庫を抱えてしまうことです。こうした事態は売る側と買う側との認識ギャップによって発生します。売る側が消費者の求める商品を正確に把握していれば、望み通りの結果が得られたはずなのです。このような見込み違いを避けるためには、事前の十分な市場調査が欠かせません。消費者が何を求めているのか、今どんな商品が売れているのかという点を正確に掴めば、失敗を未然に防ぐことができます。そのための市場調査の手法は多くの企業や学者によって研究され、新たな技法も開発されています。高度な市場分析を可能にする調査手法も少なくないのです。レベルの高い調査手法ほど実施には手間がかかり、一定のノウハウも必要となります。一般の企業では自社で実施できる調査方法に限界があるのが普通です。アンケートなどを通じてデータを集計しても、分析手法に通じていなければ販売に生かすことができません。アンケートやインタビューなどの市場調査を専門に実施している調査会社は、そうした企業の要望に応えています。市場調査のアウトソーシングが現在の主流となっているのです。

調査会社の高度なノウハウ

家電メーカーが電気製品製造の優れたノウハウを持つように、調査会社は市場調査の高度なノウハウを持っています。調査方法には多くの種類がある中で、依頼企業の要望に合わせた最適な調査方法を選択しているのです。調査方法のすべてをここで紹介することはできませんが、一例を挙げただけでも調査会社の実力が窺えます。商品開発に先立っては消費者動向を知ることが欠かせません。アンケートやインタビューによるライフスタイル調査は、消費者の隠れた需要も掘り起こします。1つ1つ考え抜かれたアンケート項目を通して、求められる商品像が浮かび上がるのです。一般企業にとって、インタビューはアンケート以上に実施ハードルの高い調査方法です。調査会社では主婦層を中心としたグループインタビューを開催し、質の高い調査データを得ています。1対1で消費者の姿を浮き彫りにするデプスインタビューの手法は、より高精度の調査結果を依頼先企業にもたらします。こうした市場調査のプロは、マーケティングを重視する企業にとって欠かせないビジネスパートナーと言えます。調査会社を上手に活用している企業ほど、返品の山や大量在庫を見ないで済ませているものなのです。