カタログスタンドの恐るべき費用対効果|驚愕の宣伝術

経費が削減できる

はがき

営業のかなめ

はがきの両面が糊付されている葉書がありますがこれを圧着ハガキと呼んでいます。ピカピカになっているものや、ただのはがきが圧着してあるものその種類は作業工程によって変わってきます。糊を先付けして圧着するか後付するかでも違いますし、はがきの素材でも違ってきます。普通のはがきよりも情報を多く載せることができ、普通郵便の料金で発送することができますから商店や会社のダイレクトメールとして多くの企業が導入しています。各自治体でも導入する自治体が増えています。圧着ハガキは情報量がたくさん発信できるという点で営業戦略のかなめとして利用する企業もあり、人間が行う営業よりも圧着ハガキの営業のほうが利益が出ている企業もあります。

自分で作ることも

この圧着ハガキを短時間で安い値段で作成してしまう業者も現れてきています。デザインも豊富でテンプレートに文字を入力するだけで、見た目もカラフルで人目を引く圧着ハガキをすぐに作ってしまう業者も現れてきています。また印刷と合わせて発送の代行を行っている業者も存在しています。作成してもらうのは経費が掛かってダメだという人には、この圧着ハガキを自分で作ってしまう機械があります。自分の手で圧着ハガキを作ってしまいますので、材料費以外の経費が発生してきません。小型で早く圧着してしまう機械も発売されていて経費の削減に一役買っています。どちらにしても現在は、情報や宣伝の量を多く乗せられ、営業戦略の一部となっている圧着ハガキが大いに注目されています。